『確定申告 』 島田税理士の一週間 H30年2月5週~

平成30年2月27日(火)

教訓

子供や年上の人を思いやること。

平成30年2月28日(水)

教訓

ある駅の出来事、80歳ぐらいの女性の方が駅で切符の自動販売機の前で駅員の説明を受けて切符購入の手助けを受けていたが女性の方が自動販売機の画面が見えないとお話しているのに構わず機械の説明をしていた。その結果切符を購入するのに時間がかかり駅員も嫌々していた。

どうして自動販売機の正面に来てもらい画面が見えるか確認して女性の能力に合わせて説明できないのかと思う。私もこの様な説明をしていないか気をつけなければならない。

平成30年3月1日(木)

教訓

十分な準備をして自信をもって行動すること。

仕事

前日、夜、顧問先に行き、帰りが遅くなったため朝一番に前日の仕事の整理を行う。

平成30年3月2日(金)

教訓

自分自身に尋ねる。

どうすれば家族、会社、仕事、地域社会にうまく融込で行けるか。

仕事

個人確定申告の時期で最も繁忙の時である。通常であれば朝4時に起床して夜早く就寝しるのだがどうしても寝るのが夜の0時になってしまうので起床、朝5時以降になってしまう。

平成30年3月3日(土)

教訓

反省すべき点を3つ取り上げそれぞれついて改善するための行動計画を立てる。

今日、3月3日雛祭り、30歳の時税理士試験に合格、その後公認会計士受験を3年間無職でチャレンジしていた。当時長女が生まれ妻の実家から雛人形を頂き、飾りの1つの中にオルゴールが入っていて回せば「嬉しい雛祭り」の音が流れてくるのでそのオルゴールを聴いていたことを想い出す。店舗で販売用の雛人形を見ると今でも雛人形で癒やされるものである。

平成30年3月4日(日)

教訓

頭の中で重要な目標達成のイメージを再現して何度も繰り返すこと。

今日は日曜日、平日だと理容店に行くのに気が引けるが今日は日曜日午後17時理容室に行く。その後、サウナに行く。サウナには1周間に1回程度行っているが体が暖まり、筋肉が解れて疲れが取れる。

お問い合わせはお電話、お問い合わせフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。