『 相続の研修』 島田税理士の一週間 H30年3月4週~

平成30年3月19日(月)

教訓

研修を10分ぐらい遅刻する 午後は気を付ける

仕事

相続の研修 主催大蔵財務協会、講師税理士 笹岡宏保先生

午前中の3時間は地積規模の大きな宅地の評価とその諸論点

平成29年12月31日に広大地の取扱が廃止され、それに代わり新たに導入され本年1月1日から施行されるため参加する

三大都市圏においては500㎡以上の地積の土地、それ以外の地域において1,000㎡の土地が対象となる

お客様で対象となる土地を所有する方が比較的多いため取扱に気を付けないといけないところである

午後の3時間は貸家建物地の評価の取扱

貸マンション、アパートの宅地の評価は

その宅地の自用地としての価額×(1-借地権割合)×借地権割合×賃貸割合

で求められる

その宅地の自用地としての評価より安くなることから相続税対策でより利用されている

しかし上記の算式の賃貸割合の判断基準が変わってきたので確認のため参加した

平成30年3月20日(火)

教訓

早く帰ってきて仕事をした方が良かったと反省する

仕事

確定申告後最初の巡回監査の日、中央線方面に行く

前日から引き続き整理し、確定申告書控えを持参し、お客様宅では処理をする

比較的スムーズに事務処理が終わったが、確定申告の疲れが残っていたので気分転換の為駅前のスーパーの本屋に入り購入したい本があるか探した

途中で、久喜駅で下車して暖房の入っている待合室で1時間ほど購入した本を読む

平成30年3月21日(水)春の日

教訓

本日は休みなので朝風に入り新しいお客様の準備をする

仕事

お客様の紹介を頂いて、千葉県の千葉市方面に行くと天気予報では雨で所により雪になると言っていたが、出かける10時30分頃は雨が降ってこなかったが現地では風が強くみぞれを含んだ雨で気温も5度くらいの寒い1日であった

紹介された先生は人柄が良い人で、やらせて頂くことになる

平成30年3月22日(木)

西武池袋線東久留米市に行く、2月決算で社長と決算の打合せをする

帰りに東武デパートに注文した背広を取りに行き、帰りにデパート内のスポーツ屋に寄る

息子に電話して時間が合えば一緒に食事しようと思い電話したが不在

電車の中で3月19日に研修したレジメを読みながら帰る

家に着くと、以前私の事務所に勤務した元社員からの手紙が来ていた

近況報告の手紙で、息子2人で慶応大学、早稲田大学を卒業されていて長男の方は結婚されたとのことが書いてあった

平成30年3月23日(金)

午前中は確定申告の整理をし、年1回のお客様に確定申告書の控えを発送する

急ぎの仕事が多いので医療法人の設立、処理が後回しになり焦りが出る

午後近くのお客様を巡回し、帳簿の処理を見せてもらう

顧問先になって2年くらいたち記帳もだいぶ慣れてきてきれいな帳簿が出来る様になった

平成30年3月24日(土)

栃木県の顧問先に行く

確定申告も終わり、申告書控えを持参し中身の説明をする

ここの顧問先は帳簿の作成まで依頼されており、祖母から孫の教育費の贈与について質問され祖母の通帳からその教育費を祖母の名で孫の教育費として振込むことを説明した

平成30年3月25日(日)

28日に行く顧問先の準備を行う

現金帳簿は顧問先が記入しており、その他はこちらで行っている

スタッフが作成した帳簿のチェックを1日かけて行う

夜、サウナに行きスーパーに立ち寄り好きな食材を買う(料理は妻に依頼しているが)

今回は海のカキを自分で炒め晩酌のつまみにする

お問い合わせはお電話、お問い合わせフォームにて受け付けております。
まずはお気軽にお問い合わせください。